古美術・古民具のことなら、兵庫県豊岡市の丸井美術へ


 商品メニュー(茶道具)

・窯傷・高台傷は、”傷”に含めておりません。
・若干の色、サイズのばらつきがあります。
・商品に関するご質問は、こちらへ



商品画像をクリックすると拡大表示されます。 (価格は、税込み価格です。)

商品No. EP-1857
白磁後手急須

サイズ 8.5cm x 14cm x 高さ 6cm
産地 中国
時代 清朝後期
備考 流れる様な優しい曲線美が清楚な印象を与えてくれ、白磁ともよく調和しています。
窯印、経年の汚れあります。口にノミホツあります。


商品No. EP-1856
花彫り横手急須

サイズ 9cm x 10.5cm 高さ 6.5cm
産地
時代 明治〜大正
価格 16,000円
備考 外周の花彫りと内側の染付の花の対比が見事な器です。『松月山**造』の銘あり。
口にノミホツあります。
たぶん京焼と思います。

商品No. EP-1822
染付・龍に宝珠文煎茶碗

サイズ 直径 6cm x 高さ 4cm
材質 湖東焼
時代 幕末〜明治初期
価格 38,000円/10客セット品
備考 とぼけた顔の三ツ爪の龍が少し滑稽で面白さを演出し、 ホッとする安心感を与えてくれます。お茶席を和やかな雰囲気にしてくれると思います。
5客セットの分売可能ですが、箱は付きません

商品No. EP-1860
銘々臺付菓子皿

サイズ 直径 15cm x 高さ 4cm
18cm x 18.5cm x 高さ31cm(箱)
材質 漆器(大阪堀江漆器)
時代 昭和
価格 7,500円
備考 水平線から昇る朝日を器全体でイメージいる感じがします。お洒落感一杯の菓子皿です。
共箱は汚れが目立ちます。

商品No. EP-1811
風竹仙媒

サイズ 4.5cm x 18.5 x 高さ 1.5cm
作家 仙豪`梵(伝承)
時代 江戸後期
価格 160,000円
備考 仙腰a尚・自刻の伝承品を加納銕哉が識書きした禅味に溢れた見事な仙媒(茶量・茶合と同じ)です。蓋裏書の内容は『仙腰a尚の自刻の伝で、法純曰く禅味を帯び多種の欣賞に預かる。と一言を識す』

【仙豪`梵】
1750( 寛延3 )〜 1837( 天保8 )
臨済宗僧。
幼少時に出家得度し仏籍となり、各地の諸寺にて参禅し1790年頃に博多・聖福寺第23世住持に出世。
書画に秀で特に俳画的な墨画が得意・洒落っ気のある画風で人気。

【加納銕哉】
1845( 弘化2 )〜 1925( 大正14 )
幼少期に彫刻技術と画技を学ぶが、家の没落後、禅宗寺院に出家し僧の修行。
明治元年に還俗し、全国を遊学、展覧会・博覧会に入選、特選。
古代の仏像や仏画などを研究し木彫り彫刻の雄とされ有名だが、その他にも鉄筆にも優れ、煙草入れ、煎茶道具、根付等に施され高い評価を受ける。
「写真不写形」いうのが、銕哉の造形に関する理念。奈良に草庵「最勝精舎」を創設。親交のあった志賀直哉曰く「職人気質の名工」。気風闊達、野の人。

商品No. EP-1807
浜松地紋真形釜

サイズ 25.5cm x 18cm x 高さ 28cm
作家 佐藤清光
時代 昭和
価格 23,000円
備考 しなやかに伸びる松の図柄が釜を優しい雰囲気に包み込んでいます。
未使用品で共箱です。

【佐藤清光】
1916〜1996、山形生れ。
清光堂8代目の山形鋳物界の名工で、人間国宝の根来実三に師事。卓越した技術と天性の美術的才能を活かした湯釜は多くの茶人から高い評価を受ける。
作風の特徴は草花、鳥、雲の文様をモチ−フとして茶釜のほか風呂や鉄瓶にも秀作を残す。
商品No. EP-1821
陽刻・康煕年制字煎茶碗

サイズ 直径 7cm x 高さ 4cm
産地 中国
時代 清朝中期
備考 徳川光圀公が寄進したとされる龍安寺の蹲『吾唯足知』を特注で見込みに入れさせたお品です。
陽刻の『大清康煕年製』もお洒落な感じで、虫喰いの様な所も良い景色となった雅美溢れる茶碗です。見事な彫りのある竹の碗筒も時代を経た趣が感じられます。
収納時用の座布団4枚付きです。

商品No. EP-1836
色絵・唐子図煎茶碗

サイズ 直径 9cm x 高さ 6cm
産地 中国
時代 清朝後期
備考 3人の唐子がほのぼのとした雰囲気を醸し出しお茶席を和ませてくれそうです。
時代を感じさせる立派な箱がついています。傷はございません。


商品No. EP-1833
蕾型香炉

サイズ 直径 9.5cm x 高さ 9.5cm
産地 大樋焼
時代 大正〜昭和
価格 12,000円
備考 面白い形状をしてますが、多分ハスの蕾だと思います。釉薬の色と器形が調和しているような感じで面白いものです。

商品No. EP-1850
亀の絵・大棗

サイズ 直径 7.5cm x 高さ 7.5cm
作家 (指物師)稲尾誠中
(絵付け)立花大亀老師
時代 昭和
価格 22,000円
備考 流れる様な筆致による金泥の大亀が棗の存在感をより一層極めさせています。

【稲尾誠中】
昭和22年、京指物の家に生まれ、祖父から技法を基本として学ぶ。建仁寺前々管長・竹田益州老師より拝号した誠中斎の号を京指物継承30周年の節目の年に、建仁寺現管長・小堀泰厳老師の承諾を得て誠中斎改め誠中とする。

【立花大亀】
明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。

商品No. EP-1820
色絵・賢人図急須

サイズ 10.5cm x 12cm x 高さ 8cm
産地 松風亭
時代 明治〜大正
備考 13人の高士と3人の唐子の図が何を意味するのかは分かりませんが、上手による絵付けです。
注ぎ口に小ソゲと柄に釉切れあり、所々に茶渋の汚れあります。
合せ箱。


商品No. EP-1823
鉄絵・のたり老人図煎茶碗

サイズ 直径 7cm x 高さ 4cm
作家 三浦乾也(6世乾山)
時代 明治
備考 鉄絵による「のたり老人」の素朴な感じがどこかほっとする安心感を与えてくれ、お茶席を和ませてくれそうです。
口縁に釉爆ぜ、高台にソゲある物があります。

【三浦乾也】
1821(文政4)〜 1889(明治22)父清七死去後、楽焼を中心に作陶。その後西村藐庵(5世乾山)に見出され、小川破笠風の蒔絵作品を製作。陶芸にも秀で、西村藐庵から乾山伝書を譲り受けて尾形乾山風の作陶を開始、六世乾山を名乗る。
陶芸、漆芸、煉瓦、ガラスの製作、印籠の珠の製作も手掛け乾也珠の名称で人気となる。


商品No. EP-1834
茶托

サイズ 直径 7.5cm x 高さ 1.5cm
材質 錫(點銅)
時代 清朝時代
備考 梅の花を模した時代を経た趣のあるお品です。
汚れ、経年によるスレあります。


商品No. EP-1810
銀象嵌・鉄瓶

サイズ 16cm x 17cm x 高さ 13cm
(弦高さ 21cm)
産地 龍文堂
時代 大正〜昭和
価格 32,000円
備考 弦には銀象嵌がありますが、大部分が擦れて消えたり、薄くなっています。
水漏れはございません。

商品No. EP-1831
色絵・小禽図香炉

サイズ 7cm x 9.5cm x 高さ 7.5cm
産地 九谷
時代 大正〜昭和
備考 余分な背景を省いて、笹の中で遊ぶ小鳥の図が愛らしく感じられます。
蓋の摘みは竹でしょうか。


商品No. EP-1829
義山・四方水指

サイズ 直径 20.5cm x 29cm x 高さ 10cm
(摘み高さ 13cm)
作家 水崎長寿
時代 現代
備考 義山(ギヤマン)の水指となります。
未使用品で綺麗な状態ですが、箱には少しシミ込みあります。
共布・共箱。


商品No. EP-1815
染付・小禽図煎茶碗

サイズ 直径 6cm x 高さ 4.5cm
産地 湖東焼
時代 明治初期
備考 簡素に描かれた小鳥がどこかホットする安心感を与えてくれて、お茶席を和やかな雰囲気にしてくれると思います。


商品No. EP-1826
貴令嬢図煎茶碗

サイズ 直径 8.5cm x 高さ 5cm
産地 デルフト焼(オランダ)
時代 19世紀後半
備考 古いプリントウェア(日本の印判)の茶碗です。ブランコに乗る貴族のご令嬢、桜の縁模様・・・やはりあちらの独特な絵柄です。
傷はございません。


商品No. EP-1809
雲龍地紋鉄瓶

サイズ 16cm x 19cm 高さ 17cm
(弦高さ29cm)
産地 萬龍堂
時代 昭和初期
備考 力強く雲間を飛翔する龍の姿を地紋とした見事な鉄瓶です。開口部の形状も工夫を凝らしたお洒落な雰囲気があります。
水漏れはございません。


商品No. EP-1832
色絵・花図香炉

サイズ 6cm x 9cm 高さ 10cm
産地 九谷
時代 明治〜大正
備考 正面には牡丹、丸文に鳳凰?と龍、本体の耳と蓋の摘みに梅花を配した香炉です。


商品No. EP-1808
雲龍釜

サイズ 15cm x 18cm 高さ 19cm
作家 高橋敬典
時代 昭和
備考 胴に雲龍文を鋳出してあるところからこの名があります。
未使用品で状態の良い商品です。保管環境のせいか 内側にほんのわずかな錆がありますが、問題ない程度の状態です。
共布・共箱。
【高橋敬典】
1920(大正9)〜2009年(平成21)
1940年 高橋鋳造所(現山正鋳造)を継承、伝統工芸鋳金作家として作品を制作し51年日展初入選・以降7回入選。重要無形文化財技術保有者。


商品No. EP-1812
象嵌・丸鎖弦道具

サイズ (環)直径 13cm
(弦)幅22cm x 高さ19cm
(鎖)全長 260cm
作家 木村清五郎(2代目)
時代
備考 桐と菊の象嵌入りの吊り釜の品の良い道具一式です。
未使用品の良い状態です。
経歴書付き。


商品No. TS-67
銀摘・亀甲文湯灌

サイズ 17cm x 19.5cm x 高さ 14cm
(取手高さ 22cm)
材質 銅製(内側-錫引き)
産地 玉川堂
価格 33,000円
備考 大槌目の亀甲文と全体の鎚起目の対比にお洒落感が漂い、品格あるお品に仕上がっています。
銀摘み・共箱です。

商品No. TS-46
龍七宝・蓋置

材質
作家 英 寿兆
時代 昭和戊辰(昭和3年)
備考 銅鋳物に双龍の凹部を成形し、七宝を施したお洒落なお品です。
デザイン化した龍の姿も派手にならず、侘び寂びの世界にも自然に溶け込むと感じられます。


商品No. EP-1779
チロリ

サイズ 11.5cm x 14.5cm 高さ 11cm
(持ち手高さ 14cm)
材質 ガラス
時代 昭和前期
備考 注ぎ口に内部クラックが見られますが表層部には届いていないようです。
蓋開口部にソゲあります。
桐の合せ箱付き。


商品No. TS-37
染付・花図急須

サイズ 10cm x 12cm x 高さ 7.5cm
産地 九谷・庄三
時代 明治
価格 25,000円
備考 蓋開口部の口造りを輪花縁に成形、蓋と共に呉須地に白抜きの花を配し、胴には漢詩と花を描いた品格に溢れた優雅な姿のお品です。(宝袋をイメージしたと思われます。)
茶渋で汚れてますが、手入れすれば綺麗になります。
蓋裏にソゲ、注ぎ口にノミホツありますが、庄三作の素晴らしい急須です。

商品No. TS-22
金彩・蝶文薄器

サイズ 直径 9cm x 高さ 7cm
産地 丹後焼(陶寺 忍 作)
時代 昭和
価格 12,000円
備考 器全体に施された金彩の落ち着いた色合いが優雅な雰囲気を醸し出し、染付の揚羽蝶がひと際力強く飛翔している印象を与えてくれています。

商品No. EP-1726
色絵・花鳥図角香炉

サイズ 6cm x 10.5cm x 高さ 21cm
産地 九谷
時代 明治
備考 四面を一つの繋がりのある絵として描き上げた角香炉です。
象顔の両耳も環にも欠損のない無傷のお品です。


商品No. EP-1492
鶺鴒香炉

サイズ 12cm x 13cm x 高さ 11cm
材質 古銅
時代 明治
価格 28,000円
備考 水面から顔を出した花茎に止まる可憐な鶺鴒の姿を造形した大変お洒落な古銅の香炉です。
『日本書紀』にイザナギ・イザナミ夫婦がセキレイの指導で夫婦和合し「国生み」できたという日本神話の伝承がある鳥です。
合せ箱。

商品No. MK-01
赤絵・火入れ

サイズ 直径 10.5cm x 高さ 9cm
作家 須田菁華(初代)   
時代 大正11年(壬戌)春
価格 12,000円
備考 赤地に金の松・竹・梅・壬生の文字を入れた古九谷写しの火入れです。
共箱。
【須田菁華】
1862〜1927 金沢出身。明治39年に菁華窯を築き、染付、祥瑞、呉須赤絵、古赤絵、古九谷などの倣古作品を得意とした。大正4年に、菁華窯を訪れた北大路魯山人が初めて陶芸に触れ開眼したことで有名。

商品No. EP-1607
吊り花器

サイズ 12cm x 32cm 高さ 35cm
(鎖長さ 57cm)
材質
時代 昭和
価格 7,500円
備考 本来は灯明器として作られと思いますが、花器としての使い方が現代的ですね。色々な器を選択してお花を活けて楽しんで下さい。(器は別売りです。)

商品No. TS-42
文林茶入

サイズ 直径 6cm x 高さ 7.5cm
作家 閑楽(嵯峨焼)
時代 昭和
価格 7,000円
備考 仕覆付き・牙蓋・共箱。
【牙蓋】に漆継ぎあります。

商品No. EP-1692
紫紺釉・水指

サイズ 直径 22.5cm x 高さ 19.5cm
産地 出石焼
作家 3代・永信(共箱・共布)
時代 昭和前期
価格 42,000円
備考 出石でこの種の色釉は大変珍しくこの3代・永信だけです。『花入』として制作したが、数寄者が蓋を誂え、4代・永信が『水指』と極め書きをした貴重なお品となっています。
【3代・永沢永信】
1910 ( 明治43 )〜 1977 ( 昭和52 )出石焼窯元・祖父の初代永信の薫陶を受けて作陶を開始、19歳の頃に昭和天皇神戸行幸の際に天覧買い上げられ、早くからその才を発揮。1933年に3代目を襲名、家業を継ぐ。1941年に兵庫県技術保存作家に認定、戦後は主に日展を発表の場として入選・受賞など活躍を続けた。先代からの再興出石焼の伝統をしっかりと受け継ぎながらも抽象的な造形や意匠を加味した現代的な作品を展開。

商品No. MM-51
染付・山水図香炉

サイズ 9cm x 9cm x 高さ 12.5cm
産地 京焼
時代 明治
価格 14,000円
備考 4人の唐子が背負い、蓋の摘みも唐子という有環の香炉です。
「道八」銘。(合せ箱)

商品No. EP-1667
柿彫り香合

サイズ 6cm x 4.5cm x 高さ 6.5cm
材質 木製
時代 昭和
価格 11,000円
備考 見事に柿を彫り上げた上手の香合です。漆の色合いも良く、節部も上手に生かして違和感なく溶け合っている感じがあります。

商品No. EP-1662
掛け花入

サイズ 直径 12cm x 高さ 13cm
(口径 6cm)
作家 魚谷清兵衛(共箱)
時代 昭和
価格 6,500円
備考 1936(昭和11)豊岡・城崎出身。禅僧・品川即道に薫陶を受ける。【食を研けば器に至る】と研鑽し、平成5年・備前長船に半地下式穴窯を築窯し、主に食器を作陶。

商品No. TW-10
三嶋写し茶碗

サイズ 直径 12.5cm x 高さ 6.5cm
産地 丹後焼(京丹後・久美浜)
作家 陶寺 忍(共箱)
時代 昭和
価格 10,000円
備考 よい色合いの三嶋写しの茶碗で手にしっくりと馴染む感覚の出来栄えです。

商品No. TS-19
刷毛目茶碗

サイズ 直径 14.5cm x 高さ 9.5cm
産地 丹後焼(京丹後・久美浜)
作家 陶寺 忍(合わせ箱)
時代 昭和
価格 11,000円
備考 刷毛目の景色が大変魅力的で手にしっくりと馴染む感触のお品です。

商品No. TW-13
茶碗

サイズ 直径 13cm x 高さ 6cm
産地 丹後焼(京丹後・久美浜)
作家 陶寺 忍(共箱)
時代 昭和
価格 9,000円
備考 華やかな中にも落ち着いた感じのある色合いが魅力の一つです。

商品No. EP-1614
窓絵・花図香炉

サイズ 直径 9cm x 高さ 11cm
産地 九谷
時代 明治〜大正
備考 胴部を6等分し、3ヵ所の窓を彫り込み絵付け、残りはそのまま絵付けしたお洒落な香炉です。
合せ箱。


商品No. EP-1612
抹茶碗

サイズ 直径 14.5cm x 高さ 6.5cm
産地 出石焼(小島昇山)
時代 昭和
価格 5,000円
備考 出石焼には珍しい色釉掛けした作品です。窯変がアクセントになり良い景色を出しています。
共箱です。

商品No. EP-1523
仁清写・茶碗

サイズ 直径 11cm x 高さ 6.5cm
作家 14代・永楽善五郎(得全)
時代 明治
価格 75,000円
備考 窯変した見込みの文が力強く、生命観を感じさせてくれます。共箱です。
【永楽得全】
1853(嘉永6)〜1909(明治42)12代(和全)の長男。仁清写しや赤絵などを得意とし、その絵付けは代々永楽家には類を見ないほどの男性的で豪放であったが、雑というわけではなくその嫌味さを出さないように高度な技術でカバーした。

商品No. EP-1577
褐釉茶入れ

サイズ 直径 5.5cm x 高さ 7.5cm
(口径 3.5cm)
産地 丹波
時代 江戸後期
備考 濃い飴色の褐釉が肩衝きの器形を引き立ているよい姿の茶入れです。象牙蓋です。


商品No. EP-1557
泥土貼付・灰釉掛け花生

サイズ 7.5cm x 8.5cm 高さ 20cm
産地 丹波
時代 明治
価格 17,000円
備考 胎土とは別の泥土を三次元文様として意匠的に貼付けた大変珍らしい掛け花生けです。
口上部にホツあります。

商品No. TS-35
染付・赤絵金彩梅文薄器

サイズ 直径 8.5cm x 高さ 6cm
産地 丹後焼(久美浜・兜山)
時代 昭和
価格 9,000円
備考 陶磁 忍 作(共箱)

商品No. EP-1524
割環

サイズ 直径 8.7cm x 高さ 0.4cm
産地 釜師 保兵衛
時代 昭和
価格 8,000円
在庫 1セット
備考 半月上の割環です。
共箱。

商品No. EP-1520
茶杓

サイズ 1cm x 9cm 高さ 2cm
Φ3cm x 長さ 21.5cm(筒)
作家 松長剛山
時代 昭和
価格 7,500円
備考 大徳寺・高桐院住職。
共箱です。

商品No. EP-1508
色絵・花図水柱

サイズ 7cm x 21cm x 高さ 21cm
産地 伊万里
時代 江戸後期
価格 38,000円
備考 余白を上手く活かした花の絵付けに本体面取り部と肩部の瑠璃釉と赤色の調和が絶妙で上品な感じの水柱です。把手の穴は蓋の取り付け用と思います。(蓋はありません)
傷はございません。

商品No. EP-905
染付大土瓶

サイズ 28cm × 23cm / 高さ 32cm
産地 出石焼(兵庫北部)
時代 幕末
価格 30,000円
備考 これだけの釉切れは残存するのが珍しく、看板にぴったりです。口部に金直しがあり面白い景色になってます。内部にくっつき等があります。

商品No. BC-61
手鉢

サイズ 直径 28cm x 高さ 12cm
産地 丹後焼(兜山)
時代 昭和
価格 6,000円
備考 陶寺 忍 作
何に使ってもお洒落な感じがします。

商品No. EP-1276
明珍・銅火箸

サイズ 直径 6.5cm x 高さ 24.5cm
作家 48代・明珍宗之
時代 明治
価格 9,500円
在庫 2組
備考 【姫路臣明珍・百翁宗之作】この銘は48代百翁宗之です。
先端は使用感あります。

商品No. EP-1315
蜂巣香合

サイズ 6cm x 7cm x 高さ 5.5cm
産地 出石焼
作家 赤松白斎
時代 昭和
価格 22,000円
備考 見事な2匹の蜂と蜂巣の浮彫りの作品で飾るだけでも楽しくなる作品です。
【赤松白斎】は出石で修業し、十二代酒井田柿右エ門の下で、永年の研鑽を重ね、昭和十五年、故郷兵庫県神河町に帰り白林窯を開いた。白磁・青磁等を主体に彫刻・透彫りを施したものを特徴とした作品が多い。

商品No. EP-1280
飴釉水指

サイズ 直径 14cm x 高さ 17cm
産地 丹波
時代 明治〜大正
価格 7,500円
備考 飴釉の流し掛けを2度繰り返し、淡い色調と味のある深みの色調の対比が胎土色と上手く調和して面白い作品となっています。
口縁にソゲがございます。
花を活けても優雅な感じがします。
陶印「喜」あります。

商品No. BC-74
色絵・唐子文菓子器

サイズ 直径 18cm x 高さ 9.5cm
産地 京焼
時代 應需(平安萬殊堂)
時代 昭和前期
価格 7,500円
備考 朱と緑で描かれた唐子尽くしの模様がほのぼの感を演出して楽しい器になっています。

商品No. EP-1238
煎茶器

サイズ 【湯呑み】
 直径 7cm x 高さ 4.5cm
【湯さまし】
 直径 10cm x 高さ 6.5cm
【急須】
 直径 7.5cm x 高さ 9cm
産地 志手原焼
時代 明治〜大正
価格 22,000円
備考 全てが同じ時代に製作された物ではないみたいです。浸みこみ、陶土のから推測すると急須−明治前期、湯さまし−明治後期、湯呑み−大正でしょうか。
合せ箱です。

【志手原焼】
小西金兵衛が宝暦・明和(1751〜1772)に開窯した三田焼最古の窯で昭和10年頃まで操業。呉須手の染付や赤絵の鉢・皿から煎茶具を生産。

商品No. EP-801(B)
明珍火箸

サイズ 【火箸長さ】
 27.5cm
【箱】
 3.5cm x 30.3cm x 高さ 2.9cm
産地 姫路・明珍本舗
作家 51代・明珍宗久
時代 昭和
価格 8,500円
備考 平安時代から続く甲冑師の家柄で、伝承の技術を活かし鍛え上げた火箸で透明感のある涼やかな音色が特徴です。
未使用品。

商品No. EP-1173
蒔絵群鶴図・銀溜大棗

サイズ 直径 φ7.5 x 高さ 7.5cm
作家 一后一兆
時代 昭和
価格 138,000円
備考 金蒔絵の群鶴と内側の銀溜の色の対比がとてもお洒落な感じがします。
(共箱・共布)
13代 即中斎の極め・花押。
【一后一兆】
1898〜1991、石川県生まれ。輪島塗の蒔絵師。独特の色彩感覚と大胆さ、構図力を持ち日本最高峰の蒔絵師と称される。千家宗匠の書付認定塗師として高い評価を受ける。


商品No. EP-855
結界

サイズ 22cm x 88cm x 高さ 13cm
材質 亀甲竹
時代 大正〜昭和
価格 7,500円
備考 素材の良さを上手に生かした素朴でありながら存在感のある造りとなってます。


商品No. EP-770
急須

サイズ 13cm x 15cm x 高さ 7cm
産地 萬古焼
作家
時代 大正〜昭和初期
価格 14,000円


商品No. EP-633
白磁茶碗

サイズ 直径 15cm x 高さ 4.5cm
産地 出石焼
作家 4代盈進(河北彦太)
時代 昭和
価格 5,000円
備考 高台内に窯傷ありますが、表には通っていません。
出石の特徴の白磁に花彫り文様です。


商品No. TS-71
青瓷・瓢箪型土瓶

サイズ 26cm x 15cm x 高さ 23cm
産地 丹後焼(京丹後・久美浜)
作家 陶寺 忍
時代 昭和
価格 13,000円
備考 斜め上を向いた面白い形状が色々な使い方を考えさせてくれます。
花生けに使うのもお洒落かもしれません。


商品No. EP-634
白磁・花彫茶碗

サイズ 直径 13cm x 高さ 7.5cm
産地 出石焼
作家 山本秀壷
時代 昭和
価格 5,800円
備考 出石焼の特徴の白磁に花文を彫り込んだ作品です。
彫り部は無釉薬です。
y

商品No. EP-618
印判・鶴図土瓶

サイズ 15.5cm x 20cm x 高さ 21cm
産地 出石
時代 明治
価格 5,200円
備考 出石鶴山仝製の銘あり。
蓋に焼歪みがありガタツキます。
取っ手は当時の物ではなく取り換えられています。


商品No. EP-508
白磁・土瓶

サイズ 22cm x 28.5cm x 高さ 30cm
産地 出石
時代 明治
価格 14,000円
備考 今時の【白】と違いしっとりとした透明感のある【白】が落着きを与えてくれます。
フタの裏側に貫入あります。


商品No. EP-537
銀縁・蒔絵菓子器セット

サイズ 直径 23.5cm x 高さ 5cm
(皿 直径 15cm x 高さ 1.5cm)
材質 漆器
時代 昭和
価格 7,800円
備考 菓子器も銘々皿も銀縁です。絵替りで銀蒔絵のとても上品なセット品です。


商品No. EP-431
松葉紋蓋置き

サイズ 直径 6cm x 高さ 5.5cm
材質 唐銅
作者 金森紹栄
時代 昭和
価格 4,500円
備考 共箱付き


商品No. TW-75
花文彫・平茶わん

サイズ 直径 13.5cm x 高さ 4.5cm
産地 出石焼
作者 盈進
時代 大正〜昭和
価格 8,000円
備考 彫りの模様部は釉なし。(出石焼の特徴)


商品No. TS-69
朱泥・煎茶器揃

サイズ 直径 6.5cm x 高さ 5cm(湯呑)
産地 萬古焼
作者 伊藤実山
時代 昭和
備考 急須注ぎ口に一部面取りが大きい所あります。



商品No. EP-401
茶わん

サイズ 直径 15cm x 高さ 8cm
産地 丹波
作者 大上 昇(共箱)
時代 昭和
価格 8,000円
商品No. TS-87
老父文茶合

サイズ 10cm x 4cm / 高さ 2cm
材質 竹製
時代
価格 6,500円

商品No. TS-83
錦・牡丹文香合

サイズ 直径 12cm / 高さ 3.5cm
産地 丹後焼(兜山)
時代 昭和
価格 8,000円
備考 陶寺 忍 作



商品No. TW-06
織部筒茶碗

サイズ 直径 11p / 高さ 10p
産地 織部焼
時代 -
価格 15,000円
備考 秋景山人 作
野馬に一行詩(野馬矢如馳)




古美術・古民具 丸井美術